広大地の判定に悩んでいる税理士・会計事務所の皆さまへ、広大地に該当するか無料で診断いたします。

まずは簡易診断

当サービスは、全国の税理士・会計事務所の皆さまに向けて、年間300件以上の広大地診断実績を誇る不動産鑑定士が、当該の土地が広大地に該当するかどうかを無料で診断するサービスです。

まずは数クリックで診断できるこちらをお試しください。

広大地判定について悩みはありませんか?

●建物が建っているが広大地評価を適用できるか?
●容積率200%で戸建とマンションが混在している場合の判断は?
●著しく大きいといえるだろうか?
●評価単位の分け方がわからないため広大地が適用できるか?
●開発基準面積より小さいが適用できる?
●2階建てアパートが建っているが広大地評価を適用できる?
●公共公益的施設用地(つぶれ地)が生じる?
●3階建て賃貸マンションが建っているが広大地評価を適用できる?

広大地評価が否認される事例が増加しています。

●評価単位が間違っていた!
●郊外の国道や県道沿いの店舗用地を戸建分譲用地と判断してしまった!
●つぶれ地が生じないのに広大地と判断してしまった!

更正請求の事例も多くあります。

広大地評価をしないで、高い評価額で申告している!!
●建物が建っているだけで広大地に該当しないと判断している
●市街化調整区域内の土地というだけで広大地に該当しないと判断している
●郊外の国道や県道沿いにあるというだけで広大地に該当しないと判断している
●3階建賃貸マンション、2階建アパートが建っているというだけで広大地に該当しないと判断している
●500㎡または1,000㎡未満だから広大地に該当しないと判断している

税理士・会計事務所としてのリスク回避を!

税理士先生・会計事務所の皆さまに限らず、誤って広大地だと判断して申告した場合、否認されるリスクがあります。
だからといって保守的に判断して、広大地評価しなければ、急増している更正の請求業者のターゲットにされる可能性が高まっています。
さらに、相続人からの損害賠償請求も考えられます。
相続人にとっては、「税理士の先生の広大地判定が妥当かどうか」の判断はできませんので、相続税の過少または過大申告の恐れがあります。
このように広大地判定は非常に難しく、税理士・会計事務所の皆さまにとっても様々なリスクがあります。
事前に広大地の専門家の意見を聞くことを強くお勧めします。

PAGETOP
Copyright © 広大地オンライン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.